国際交流事業協同組合

・技能実習方法




派遣前研修 日本語学習・日本の一般・企業社会・基礎技術等日本での研修にスムーズに入り込めるよう派遣前研修を行う。

集合研修 生活用基礎日本語・専門用語・日本文化・慣習・規則・ルール・安全訓練の学習を行う。

技能実習1号 技能実習生として受入れ企業と雇用契約を結び、それぞれの企業において、生活及び実習に必要な日本語・基礎知識・技術の習得を図る。(使用用語は日本語を主とする。)

集合研修会 生活用語・安全用語・作業用語・専門用語の向上、実習生の面接指導・技能実習試験対策を行う。

技能実習2号 1年間の技能実習により一定水準以上の技術を習得し、試験などにより在留が認められた者について、生産現場での労働を通じて、より実践的な技術などを学びます、最長2年。